UCO フラットパックグリルS レビュー|2ステップで組み立てできる軽量焚き火台

フラットパックグリルS TOP

焚き火人(たきびんちゅ)では、様々ある焚き火台の中からピックアップをして、おすすめのポイントなどをご紹介していきます。

今回ピックアップする焚き火台は、UCO(ユーコ)「フラットパックグリルS

筆者が購入した頃は、「ミニフラットパックポータブル グリル&ファイヤーピット」という名称でしたが、輸入代理店モチヅキでは「フラットパックグリルS」とありましたので、この記事ではその名称にしています。2021年12月にLサイズが販売されるためかもしれません。

「フラットパックグリルS」は、次のような方におすすめです!

こんな方におすすめ!
  • 軽量の焚き火台が欲しい
  • コンパクトで持ち運びしやすい焚き火台が欲しい
  • 組み立てが簡単な焚き火台が欲しい

それでは、UCO(ユーコ)の2ステップで組み立てできる、軽量焚き火台「フラットパックグリルS」をご紹介します。

目次

フラットパックグリルS (ミニフラットパックポータブルグリル&ファイヤーピット) / UCO(ユーコ)

フラットパックグリルS 1

UCO(ユーコ)焚き火台「フラットパックグリルS(ミニフラットパックポータブルグリル&ファイヤーピット)」は、非常にコンパクトで重量が832gと1kgを切る軽量焚き火台です。

2ステップで組み立てができ、ひとりでも焚き火やBBQを気軽に楽しめるアイテムです。

フラットパックグリルS セット内容

フラットパックグリルS セット内容

フラットパックグリルSのセット内容は、以下の通りです。

  • フラットパックグリルS本体
  • 網用ハンドル
  • 収納ケース

フラットパックグリルS 組み立て方法

STEP
脚を広げる
フラットパックグリルS 組み立て1
フラットパックグリルS 組み立て2
フラットパックグリルS 組み立て3

画像のように脚が折りたたまれていますので、脚を広げると本体が連動で開きます。

STEP
脚をクロスさせる
フラットパックグリルS 組み立て4
フラットパックグリルS 組み立て5

次に画像のように脚をクロス(交差)させれば、組み立て完成です。

上記のように、フラットパックグリルSは2ステップで組み立てが可能な焚き火台です。

フラットパックグリルS ディテール

フラットパックグリルS 正面
正面
フラットパックグリルS サイド3
サイド

フラットパックグリルSを正面から見ると、どこにでもありそうな焚き火台に見えますが、サイドから見るとハート型をしています。

焚き火の無骨さの中に、ワンポイントの可愛さが入った感じです。

またサイドには、空気を取り込み穴が空いています。

フラットパックグリルS 上部
上部

上部から見ると底へと傾斜しており、バタフライ屋根の形状のようになっています。

フラットパックグリルS おすすめポイント!

実際にフラットパックグリルSを使用して感じた、おすすめのポイントは以下の通り。

  • 軽量
  • よく燃える
  • 収納ケースが豪華
  • コンパクトに収納できる
  • 2ステップで組み立てできる
  • サイドがハート型でかわいい

軽量

belmont(ベルモント)のチタン製焚き火台「TABI」などと比べると重く感じますが、実は832gと1kgを切る軽さ!

コンパクトに収納できるだけでなく軽量なため、バックパックに入れて徒歩で行くキャンプや、バイクでツーリングキャンプなどにも最適です。

軽量な焚き火台をお探しの方におすすめ!

よく燃える

フラットパックグリルS 焚き火3
フラットパックグリルS 焚き火4

嬉しい誤算なのですが、意外とよく燃えます。

火床にスリット(切れ目)などが入っていないため、燃焼効率はどうかなと思いましたが、サイドの穴から空気が取り込まれるためか、よく燃えました。

収納ケースが豪華

フラットパックグリルS 収納ケース

本体のいいところではありませんが、収納ケースが豪華です。

他の軽量焚き火台だと、ケース自体が付属していないものも多いため、とてもありがたいです。

しかも、他の焚き火台の収納ケースと比べておしゃれ!

パッと見は焚き火台の収納ケースには見えないと思います。

コンパクトに収納できる

脚を折り畳んで収納するため、収納時は27×18×3cmとかなりコンパクトに収納ができます。

筆者が所有する焚き火台の中で、一番コンパクトかも…

コンパクトで持ち運びしやすい焚き火台をお探しの方におすすめ!

2ステップで組み立てできる

先程の組み立てのところでも紹介しましたように、収納ケースから取り出して2ステップで組み立てができるので、約30秒くらいで完成します。

他の焚き火台にはない特徴です!(類似品は除く)

2ステップで完成するため、組み立てが簡単な焚き火台をお探しの方におすすめ!

サイドがハート型でかわいい

フラットパックグリルS サイド2

「おっさんが何を言うとんねん!」とツッコミが来そうですが、サイドがハートの形をしており、意外と可愛いです。

フラットパックグリルSはこんな方にはおすすめできません

個人的な感想です。ご了承下さい。

いいこと尽くめの焚き火台「フラットパックグリルS」ですが、こんな方にはおすすめできません。

  • 40cmクラスの薪を使って焚き火をしたい方
  • 大人数でBBQをしたい方

40cmクラスの薪を使って焚き火をしたい方

フラットパックグリルS 40cmの薪は厳しい

これはサイズ的に仕方がないことなのですが、40cmクラスの薪は大きすぎてのせると安定が悪いため、40cmクラスの薪を使用して焚き火をしたい方には、おすすめできません。

もちろん薪をノコギリなどでカットすれば問題なく焚き火ができますが、「やっぱり大きい薪で焚き火をしたい」という方には、ワンサイズ上の「フラットパックグリルM」をおすすめします。

大人数でBBQをしたい方

こちらもサイズ的に厳しいのが現実。

大人数でBBQをされたい方には、「フラットパックグリルM」や2021年12月発売予定の「フラットパックグリルL」をおすすめします。

フラットパックグリルS 仕様

サイズ24.1×17.8×20.3cm(使用時)
27×18×3cm(収納時)
重量832g
耐荷重6.8kg
材質ステンレス
付属品網用ハンドル、収納ケース

フラットパックグリルS サイズ

フラットパックグリルS サイズ

使用時のサイズは、24.1×17.8×20.3cm

フラットパックグリルS 価格

¥5,940(税込)

2021年10月28日現在

フラットパックグリルS 以外のサイズ

フラットパックグリルシリーズには、ご紹介したサイズ以外に2サイズあります。

  • フラットパックグリルM
  • フラットパックグリルL

フラットパックグリルM

サイズ34×25.4×28.5cm(使用時)
37.5×27×3.5cm(収納時)
重量1.75kg
耐荷重9kg

こちらのサイズがベースになっており、フラットパックグリルSは以前の名称「ミニフラットパックポータブル グリル&ファイヤーピット」というところからも、ワンサイズ小さいサイズということがわかります。

価格:¥7,150(税込)

フラットパックグリルL(12月発売予定)

サイズ51 x 41 cm
重量4.3kg
耐荷重13.5kg以下
高さの表記がありませんでした

2021年12月には、6~8人での仕様想定サイズ、フラットパックグリルLの発売が予定されています。

価格:¥14,300(税込)

フラットパックグリルS あとがき

今回はUCO(ユーコ)の2ステップで組み立てできる「フラットパックグリルS」をご紹介しました。

非常にコンパクトなため、大人数で使用したり大きな薪の使用は厳しいですが、軽量で組み立てが簡単なため、次に挙げる方におすすめです。

こんな方におすすめ!
  • 軽量の焚き火台が欲しい
  • コンパクトで持ち運びしやすい焚き火台が欲しい
  • 組み立てが簡単な焚き火台が欲しい

ご購入時の参考になれば幸いです。

シェアをよろしくお願いします!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる