ベルモント TABI レビュー|40cmサイズの薪が乗せれるチタン製軽量焚き火台

ベルモント TABI TOP

焚き火をされる際、どんな焚き火台を使用されてますか?

コンパクトな焚き火台や重量のある安定した焚き火台など、様々な焚き火台の中から一つを選ぶのは難しいもの。

そこで焚き火人(たきびんちゅ)では、様々な焚き火台の中から一つずつをピックアップして、おすすめのポイントなどをご紹介していきます。

今回ピックアップする焚き火台は、belmont(ベルモント)「TABI

「TABI」は、次に挙げる方におすすめです!

TABIはこんな方におすすめ!
  • チタン製の焚き火台が欲しい
  • 軽量な焚き火台が欲しい
  • 収納時に厚さの薄い焚き火台が欲しい
  • コンパクトな焚き火台で40cmサイズの薪で焚き火をしたい

それでは、belmont(ベルモント)のチタン製軽量焚き火台「TABI」をご紹介します。

目次

TABI / belmont(ベルモント)

TABI 焚き火3

belmote(ベルモント)焚き火台「TABI」は素材にチタンを採用しており、本体だけの重量は約298gと超軽量で収納時には15mmと厚さがかなり薄いのが特徴。

コンパクトですが、一般的な(約40cm)薪も乗せれる焚き火台です。

TABI セット内容

TABI セット内容
網は初期モデルのため、耐荷重は3kg

TABIのセット内容は、以下の通りです。

  • 火床×2
  • 側板×2
  • スタンド×3
  • 収納ケース

2021年3月1日より、ステンレス網がリニューアルしているため、画像の網とは異なります。

TABI 組立方法

次にTABIの組立方法です。

STEP
火床をあわせる
TABI 組み立て1

2枚ある火床を画像のようにあわせていきます。

STEP
火床をスライドさせてロックする
TABI 組み立て2

あわせた火床をスライドさせるとロックされます。

STEP
スタンドを取り付ける
TABI 組み立て3

画像のようにスタンドを火床のくぼみに掛かるように、3本取り付けていきます。

STEP
側板を取り付ける
TABI 組み立て4

次に側板を取り付けます。

薪が大きい場合は、片側の側板を外しておきます。

STEP
網を乗せれば完成
TABI 組み立て5

ズレ防止加工がされている網を乗せれば、組み立て完成です。

TABI ディテール

TABI 正面
片側の側板を外しています
TABI 側面
片側の側板を外しています

それでは、TABIのディテールを見ていきます。

3本のスタンドが火床を湾曲させ美しいフォルムを形成しており、安定感のある作りになっています。

上画像のように片側の側板を外すことで、大きめ(約40cmくらい)の薪を乗せることができます。

また薪を乗せても湾曲部分が空気の通る隙間をつくり、火床にあるスリットからも空気を取り込むため、燃えやすい構造をしています。

TABI おすすめポイント!

実際にTABIを使用して感じた、おすすめのポイントは以下の通り。

  • 非常に軽い
  • 収納時かなり薄い
  • 40cmくらいの薪が乗せれる
  • よく燃える

非常に軽い

「TABI」最大の特徴は、なんと言っても材質にチタンを採用しているところ。

そのため、重量が約423gと非常に軽いです。

他の焚き火台と比べてみても、500gを切るとは相当な軽さです。

軽量焚き火台をお探しの方におすすめ!

収納時かなり薄い

先述していますが、収納時はなんと約15mmと驚異の薄さ!

本当に初めてみた時「薄っ!」と声が出てしまうくらい、薄さに驚きました。

これだけ薄いと、バックパックに入れて持ち運んだとしても、邪魔になりません。

収納時に厚さの薄い焚き火台が欲しい方や、バックパックに入れて持ち運びたい方におすすめ!

40cmくらいの薪が乗せれる

TABI 焚き火5

これだけコンパクトで軽量な焚き火台に関わらず、火床の耐荷重は約15kgとなかなかのもの。

画像はちょっと薪とは言えない木材ですが、約40cmあるため一般的な薪でも十分に乗せることができます。

コンパクトな焚き火台でも、40cmサイズの薪で焚き火をしたい方におすすめ!

よく燃える

TABI 焚き火1
TABI 焚き火4

湾曲した火床と薪の隙間と、火床のスリットから空気を取り込む、非常に燃焼効率の良い構造のため、よく燃えます。

よく燃える軽量焚き火台を探している方におすすめ!

TABI デメリット

いいこと尽くめの焚き火台「TABI」ですが、デメリットも存在します。

個人的な感想です。ご了承下さい。

  • 薄い火床のため、焚き火の熱で変形しやすい
  • 火床のスリットから灰が落ちやすい

個人的に感じたデメリットは以上2点。

薄い火床のため、焚き火の熱で変形しやすい

ただし変形しやすい反面、薄いのである程度は力で戻すことができます。

またメーカー「belmont(ベルモント)」でも、

軽量であることを追求するほど、その反面、強度や耐久性が犠牲になります。

belmont(ベルモント)

と軽量にするために、強度や耐久性が犠牲になっていることを述べています。

そのため、現在各パーツそれぞれを交換できるように販売も行われていますので、火床だけが変形しすぎた場合など1枚(片側)から購入することもできます。

2021年10月11日現在

火床のスリットから灰が落ちやすい

よく燃えるため仕方がないのですが、構造の一つである火床のスリットから、どうしても灰が落ちやすいのがデメリット。

ただし耐熱カーボンシートや焚き火プロテクトシートなどを敷くことで、灰受けにもなります。

またTABIは火床高さが地面から低いため、上記シートなどを敷いて焚き火をすることをおすすめします。

TABI 仕様

使用時サイズ237×360×170㎜
収納時サイズ178×360×15㎜
重量約423g(本体:約298g、側板:約29g、網:約96g)
耐荷重火床:約15㎏、網:約5㎏
材質本体:チタニウム、18-8ステンレス、収納袋:ナイロン

2021年3月1日より、ステンレス網がリニューアル。リニューアル前の網は耐荷重3kg

TABI サイズ

TABI サイズ

使用時のサイズは、237×360×170㎜

TABI 価格

¥11,000(税込)

2021年10月11日現在

TABI あとがき

今回はbelmont(ベルモント)のチタン製焚き火台「TABI」をご紹介しました。

個人的なデメリットもありますが、すぐにカバーができるものばかりで、何よりもおすすめポイントが多く、次に挙げる方におすすめです!

TABIはこんな方におすすめ!
  • チタン製の焚き火台が欲しい
  • 軽量な焚き火台が欲しい
  • 収納時に厚さの薄い焚き火台が欲しい
  • コンパクトな焚き火台で40cmサイズの薪で焚き火をしたい

ご購入の参考になれば幸いです。

シェアをよろしくお願いします!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる