ピコグリル(Picogrill)398 レビュー|組み立てが簡単!ヒロシ氏も愛用の軽量焚き火台

ピコグリル (Picogrill) 398 TOP

焚き火人(たきびんちゅ)では、様々ある焚き火台の中からピックアップをして、おすすめのポイントなどをご紹介していきます。

今回ピックアップする焚き火台は、芸人のヒロシさんも愛用のSTC「ピコグリル(Picogrill)398

組み立てが簡単で燃焼効率のいい「ピコグリル(Picogrill)398」は、次のような方におすすめです!

こんな方におすすめ!
  • 軽量の焚き火台をお探しの方
  • ヒロシさん愛用の焚き火台を使ってみたい方
  • 燃焼効率のいい焚き火台をお探しの方
  • コンパクトだけど40cmクラスの薪を使って焚き火をされたい方

それでは、STC「ピコグリル(Picogrill)398」をご紹介します。

目次

ピコグリル(Picogrill)398 / STC

ピコグリル398焚き火5
40cmクラスの薪で焚き火

芸人だけでなく、キャンパーとしても有名なヒロシさんが愛用することでも有名な焚き火台「ピコグリル398

ステンレスでできており、ギミック構造がキャンパーの心をくすぐります。

きゃしゃな見た目からは想像がつかないくらい、40cmクラスの薪をのせて豪快に焚き火をすることもできる焚き火台です。

ピコグリル(Picogrill)398 セット内容

ピコグリル398 セット内容
販売ショップによっては、スピット(串)が付属の場合もあり

ピコグリル398のセット内容は以下の通りです。

  • 火床
  • フレーム(脚)
  • 収納ケース

筆者が購入したショップでは、スピット(串)×2は別売になっており、追加で購入しています。

ピコグリル(Picogrill)398 組み立て方法

STEP
脚を展開する
ピコグリル398 組み立て1
ピコグリル398 組み立て2

脚を画像のように展開していきます。

ピコグリル398 組み立て3
ピコグリル398 組み立て4

初めて組み立てる際は、このギミックに「おぉ〜」と少しばかり感動するかもしれません。

コンパクトにするために、よく考えられた構造だと思います。

STEP
火床を開いてのせる
ピコグリル398 組み立て6
ピコグリル398 組み立て7

次に火床を開いて先程展開した脚にのせます。

ピコグリル398 組み立て5

このときに、画像のように少し湾曲している方が底になります。

たまに雑誌等でも間違えて、湾曲している方を上側にして掲載しているものもあります…

ピコグリル398 火床ストッパー

火床をのせる際は、各脚ストッパーに掛かるようにします。

ピコグリル398

以上で組み立ては完成です!

ピコグリル(Picogrill)398 ディテール

ピコグリル398 ディテール横
ピコグリル398 ディテール縦

曲線が美しいピコグリル398は、他の焚き火台にはない美しさがあります。

焚き火台といえば、どちらかと言えば「無骨」なイメージがあるかと思いますが、ピコグリル398は優しさを感じます。

かなり軽量で脚が細くきゃしゃなため、使用する前は「薪をのせても大丈夫?」という不安が少々ありましたが、実際に使用したところその不安は解消されました。

見た感じとは異なり、結構薪をのせても全然問題なさそうです。

ピコグリル(Picogrill)398 おすすめポイント!

実際にピコグリル398を使用してみて感じた、おすすめポイントは以下の通りです。

  • 燃焼効率がいい
  • 軽くてコンパクト
  • 組み立てが簡単

燃焼効率がいい

ピコグリル398 焚き火3

非常に燃焼効率のいい焚き火台です。

火床が真っ平らではなくV字の形状をしているため、大きめの薪だと下に空間ができ、さらに火床のスリットより空気が供給されるため、燃焼効率が抜群にいいです!

軽くてコンパクト

収納時サイズが、約33.5×23.5×1cmとA4サイズより少し大きいくらいですが、厚さが1cmと非常に薄くて、本体重量が約365gとかなり軽量。

薄くて軽いため、バックパックに入れて持ち運びも楽に行なえます。

組み立てが簡単

先程の組み立てで紹介したように、

  • 火床を開く
  • フレームを展開する
  • 火床をフレームに乗せる

と、3ステップで組み立てが完了します。

UCO(ユーコ)の軽量焚き火台「フラットパックグリルS」に比べると作業工程は多いですが、他の焚き火台と比べると非常に組み立てが簡単です。

ピコグリル(Picogrill)398 デメリット

個人的にはデメリットというよりも、注意したいことになります。

  • 燃焼効率がいいためすぐに灰になる
  • 火床のスリットから灰が落ちやすい
  • 地面高さが低いため、地面を保護するものが必要

燃焼効率がいいためすぐに灰になる

ピコグリル398 焚き火4
ピコグリル398 焚き火

メリットの一つである「燃焼効率がいい」が逆に仇になることも…

燃焼効率がいいため、他のことをやっていると気づいたときには既に灰になっていることもあります。

なので、薪が沢山いるかなと…

火床のスリットから灰が落ちやすい

ピコグリル398 灰
ピコグリル398 灰

構造上仕方がないことなのですが、火床にスリットがあるため、灰が地面に落ちやすくなっています。

また灰以外にも、爆ぜた薪が落ちることもあるため、地面を保護するシートが必要になります。

地面高さが低いため、地面を保護する物が必要

焚き火プロテクトシート
カーボンフェルト

ピコグリル398は地面からの高さが低いのと、先程の灰や爆ぜた薪などが落ちることがあるため、地面を保護するシートを敷いて焚き火をすることをおすすめします。

ベルモント(belmont)の「焚き火プロテクトシート」や厚めの「カーボンフェルト」などだと、焚き火の熱が地面へ伝わりにくいためおすすめです。

ピコグリル(Picogrill)398 仕様

使用時サイズ約38×25×24.5cm
収納時サイズ約33.5×23.5×1cm
重量約 365g(本体)
耐荷重記載なし
材質ステンレス

ピコグリル(Picogrill)398 サイズ

ピコグリル398 サイズ

仕様時のサイズは、約38×25×24.5cm

ピコグリル(Picogrill)398 価格

  • ピコグリル398本体:¥11,600(税込)
  • スピット(串)Picogrill85/239/398用:¥600(税込)/1本

2021年10月29日現在、正規販売店でもスピット(串)が付属していると価格が異なります。
ここで表記している価格は、筆者が購入したPikari outdoor-shopの価格です。

ピコグリル(Picogrill)398 あとがき

今回は芸人ヒロシさんも愛用の、組み立てが簡単で燃焼効率のいい焚き火台「ピコグリル(Picogrill)398」をご紹介しました。

注意すべきところもありますが、何よりもおすすめポイントが多く、次に挙げる方におすすめです!

こんな方におすすめ!
  • 軽量の焚き火台をお探しの方
  • ヒロシさん愛用の焚き火台を使ってみたい方
  • 燃焼効率のいい焚き火台をお探しの方
  • コンパクトだけど40cmクラスの薪を使って焚き火をされたい方

ご購入時の参考になれば幸いです。

シェアをよろしくお願いします!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる